スルッとKANSAIおでかけ情報誌 Asobon!web

町のお店をこよなく愛するみなさんにお気に入りの一軒を紹介してもらいました。

シチニア食堂

20軒目

  • 兵庫県宝塚市
  • 阪急電車

私の大切な人と行きたい、大切な人しか連れて行きたくない大好きなお店

心が疲れると体の疲れが取れなくなる。すると心もさらに疲れ果ててしまう。そんな時、救いを求めるような気持ちで行くのが、清荒神にあるシチニア食堂。
目の前に置かれただけで元気が出る前菜プレート。もはや前菜の域を超えた、お皿に山盛りのカラフルな野菜は、ひとつひとつ丁寧に味付けされていて感動する。
口を開けば愚痴しか出ないような時も、シチニア食堂のごはんを食べると、みるみる元気になって笑顔になれる。

_DDT6335.jpg

清荒神の駅を降りて、山道とは逆の道を登っていくと民家の中に現れるシチニア食堂。民家を利用して作られたのが、ここ。隠れ家感が満載。

撮影のために訪れた日、キッチンで働くシゲさんに、このお店を始める前は何をしていたのか尋ねると「命を作る食事を作ってたんです」と言われて、私はハッとした。

具体的に言うと、病院で患者さんに出される食事を作る料理人ということだ。その前はイタリア料理店で身を粉にして働いていたけれどハードすぎる日々に疲れ果てて「きっと病気の人を元気にするための食事を作っていたら、自分も元気になるはずだ」と思って転職したのだそう。

でも、そこでは治療の中で食事が軽んじられていて、用意される材料ひとつとっても、命を作るための食材とはシゲさんには思えず、自身の心に疲労が溜まっていった。そして「食べる人の命を生き生きさせるのは、作る人も生き生きするような食事なのでは...?」と疑問が浮かんだのだとか。

そんな苦悩するシゲさんを見ていた奥さんのチカさんが「辞めてもいいんじゃない?一緒にお店をやろう!」と提案して独立。なるほど。こんな経緯があるから、今シゲさんの作る料理を食べると、みるみる元気になれるのだと思う。

_DDT6323.jpg

シチニア食堂の前菜のプレート。とにかく野菜が盛り沢山。カラフルで見ているだけでも楽しくなる。

_DDT6325.jpg

かぼちゃのスープ。日替わりなので何が出てくるかはお楽しみ。使われている野菜は、近郊の農家で作られたものを使っている。

_DDT6333.jpg

メインは2種から選ぶスタイル。黒米に豚肉のロースト。メインのプレートにもご多分に漏れず野菜が豊富。

そして、私を元気にしてくれるお店は、町も元気にしてくれるお店でもあるようだ。お店をオープンしたら近所の人たちが食事をしながら2人に色々な話をしてくれて、町の高齢化や閉店の話題など、寂しい報せを自然と耳にするようになっていったそうだ。そんな中、清荒神の参道商店街を元気にしたいという気持ちが芽生え、商店街の中のお店でもないのに、組合に参加。少しつづ信頼関係を作り上げ、2018年には駅前に2店舗目となるカフェKIKILUAK(キキルアック)をオープン。この2店舗をきっかけに清荒神を訪れる人も増えた。

2人の優しさと安心感が盛り合わせられている食事は、気持ちの良い輪を作り続け、今や宝塚から飛び出し日本中の同じ思いのお店との交流も始まっている。シチニア食堂でご飯を食べる時、私はそんな実直な人間関係も一緒にいただいて、さらに元気や勇気が出るのかもしれない。だからこそ、私にとって大切な人と行きたい、大切な人しか連れて行きたいくない大好きなお店になっている。

ちなみに訪れる時は、清荒神にお参りして、シチニア食堂でごはん。商店街でふっくら美味しいがんもどき、山椒佃煮、精肉店のコロッケ、最後はKIKILUAKのマフィンを買って帰るのが私のおすすめだ。

_DDT6401.jpg

KIKILUAKのサンド。チーズ、ハム、パストラミなどボリューム満点。ほかにもマフィンや焼き菓子など思わず持って帰りたくなるメニューがたくさん。箕面ビールも楽しめる。

_DDT6401.jpg

Data

シチニア食堂HP

_DDT6336.jpg
交通
阪急電車 清荒神駅下車徒歩約5分
住所
兵庫県宝塚市清荒神3-6-27
電話
079-720-0714
営業時間
11:30~15:00(L.O.14:30)
※夜は予約時のみ営業
定休日
水曜・木曜

Data

KIKILUAK(キキルアック)

_DDT6414.jpg
交通
阪急電車 清荒神駅下車すぐ
住所
兵庫県宝塚市清荒神1-2-18 ベガホール 1F
営業時間
9:00~17:00
定休日
水曜
スルッとKANSAIエリアの便利でお得な乗車券

Data

シチニア食堂

シチニア食堂

著者プロフィール

土井コマキ(どい・こまき)/DJ

FM802「SONIC STYLE」のアシスタントDJとしてキャリアを本格スタート。その他、VJ、MC、書き物、イベント企画など、徒然なるままに「断らない」をモットーに 音楽を真ん中において活動中。2004年4月放送ビンタンガーデン「10年目の復活・春一番」で、日本民間放送連盟賞 近畿地区 エンターテインメント番組部門 優秀賞を受賞。日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエ。以前は全く食に興味がなかったけれど、現在はさまざまな生産者と出会い、食に対して貪欲に。自然の滋味を感じられる食事が好み。