スルッとKANSAIおでかけ情報誌 Asobon!web

ぶらくり丁商店街
Almo

  • 和歌山県和歌山市
  • 南海電車
  • brakuri006.jpg
  • brakuri001.jpg

軒先に商品をぶらくった!?「ぶらくり丁商店街」

和歌山城の大手門から北へ。市堀川を越えた一帯に広がる和歌山県下最大の繁華街だ。幕末、1830年の火災でこの一帯が焼失した後、食料品店や衣料品店が軒を連ねるようになったのが始まり。名の由来は諸説あるが、当時店の軒先に商品を「ぶらくって」(「ぶらさげて」を意味する方言)販売したことから「ぶらくり丁」と呼ばれるようになったのだとか。商店街は1本の長い通りではなく、ぶらくり丁、中ぶらくり丁、北ぶらくり丁、東ぶらくり丁、本町、ぶらくり丁大通りの6つで構成。全盛期には百貨店が2店、大型店が2店に映画館も5館以上あったそう。現在はファッションや飲食店など170店余りの店舗が営業している。

  • IMG_7301.jpg
  • IMG_7295.jpg
  • IMG_7296.jpg
  • IMG_7302.jpg
  • IMG_7303.jpg
  • IMG_7303.jpg

自然栽培のフルーツや野菜を使ったスイーツを「almo」で

ぶらくり丁に立つ人気カフェ「almo」は、自然栽培にこだわる「にこにこのうえん」が営む農園カフェ。和歌山市主催のリノベーションスクールに参加した店主が商店街の空き店舗を使用し、2015年に農園レストラン「石窯ポポロ」を、翌年その向かい側に「almo」をそれぞれ開店した。果物や野菜は農薬、化学肥料、除草剤は使わず栽培。ショーケースにはこれら旬のフルーツや野菜を使ったスイーツやジェラートがズラリ。迷ったら農園の卵を使った、にこにこのうえんプリンもいい。また、素材にこだわった焼き菓子は手みやげとしても人気だ。

スルッとKANSAIエリアの便利でお得な乗車券

Data

ぶらくり丁商店街
AlmoHP

ぶらくり丁商店街Almo
交通
南海電車 和歌山市駅下車徒歩約12分
住所
和歌山県和歌山市匠町32
電話
073-499-4588
営業時間
11:00~19:00
定休日
火曜