スルッとKANSAIおでかけ情報誌 Asobon!web

茶寮花大和

  • 奈良県高市郡
  • 近鉄電車
  • 1500434301759.jpg

歴史ある「薬の町」で薬膳料理を

奈良県の高取町は薬の町として有名で、その歴史は推古天皇や聖徳太子の時代(飛鳥時代)まで遡るという。この高取町に立つ老舗薬膳料亭の「茶寮 花大和」は日本料理の名店として明治37年に創業。料理の一つとして薬膳料理を出していたところ大変な人気となり、40年前より薬膳を専門とした料亭となった。店は風光明媚な池の辺りに立ち、店内から春の桜をはじめ四季折々の自然が眺めながら料理が楽しめる。

  • 1548071179129.jpg
  • 1548071220556.jpg
  • 1548071408716.jpg
  • 1548071592987.jpg
  • 1548074000077.jpg
  • CIMG2198.JPG
  • DSC_7006.JPG

名物、ほくほくの揚げたて高麗人参の揚物を

薬膳というと薬臭くて苦いのではないかと思いがちだが、花大和の薬膳料理はそんなことは全くない。見た目も味も実に美しく季節感を重視したのが花大和の薬膳料理「日本薬膳(やまと)」だ。ランチには、かつて薬を入れて売り歩いていたという薬膳箪笥を総ケヤキで造り、各引き出しの中に薬膳料理を詰めたお弁当が味わえる。値段は3,500円と5,000円の2種類あるが、せっかくならば、柔らかくて芋のような食感がたまらない名物の高麗人参の揚物が付く5,000円のお弁当を。(コース料理は8,000円から)

スルッとKANSAIエリアの便利でお得な乗車券

Data

茶寮花大和HP

茶寮花大和
交通
近鉄電車 壺阪山駅徒歩約15分
住所
奈良県高市郡高取町清水谷
電話
0744-52-2289
営業時間
11:30~14:30、17:00~20:30
日・祝日 11:30〜20:30(要予約)
定休日
火曜