スルッとKANSAIおでかけ情報誌 Asobon!web

京料理割烹 三栄

  • 京都市下京区
  • 京都市営バス 京阪電車 阪急電車
  • sanei1_gaikan.jpg
  • sanei1_naikan1.jpg
  • sanei1_tenjyo.jpg
  • sanei1_naikan2.jpg

路地の中に立つ昭和9年創業の老舗割烹

四条小橋から南へ。路地の中を歩いていくと現れる緑の暖簾が「三栄」だ。創業は昭和9年。初代の頃は慶事の折に作られる細工寿司の注文と寿司、料理の店だったが、二代目の時から割烹料理がメインとなり、春は竹の子、夏はハモ、冬はすっぽん鍋やかぶら蒸しと京らしい料理がコース仕立てで楽しめる割烹料理店となった。ランチは3,300円~、夜のコースは5,500円~。そしてコース料理の最後に出されるのが名物の「扇ちらし寿司」だ。

  • sanei2_ryouri1.jpg
  • sanei2_ryouri3.jpg
  • sanei2_ryouri2.jpg

伝統の技が光る「ちらし寿司」と「蒸し寿司」

美しい「扇ちらし寿司」はご飯が黒いのも特徴。これは酢飯に炊いたシイタケを刻んだもの、タイをつけ焼にしてほぐしたもの、もみ海苔と贅沢に具が入ったもので、しっかりとした旨味があり他所では味わえない味だ。また冬の間(~3月25日)はプラス220円で京都の冬の風物詩「蒸し寿司」に変更することも可能。蒸し寿司とはいわば、ちらし寿司を蒸したものだが、蒸しても美味しくいただけるように酢加減などが絶妙に調整されている。運ばれてきた蒸し寿司は湯気が立ちホカホカ。錦糸卵の良い香りが広がる。こちらは3月25日~GWまでは竹の子づくし料理になるので最後は竹の子まぶしのちらし寿司や蒸し寿司に、GWから10月末まではハモ尽くしになるのでハモ寿司に代わるが、こちらもおすすめだ。ちなみに、ちらし寿司は持ち帰りも可能。1人前1,730円、2人前3,620円。

スルッとKANSAIエリアの便利でお得な乗車券

Data

京料理割烹 三栄HP

京料理割烹 三栄
交通
阪急電車 京都河原町下車徒歩約3分
京都市バス 四条河原町下車徒歩約5分
京阪電車 祇園四条下車徒歩約5分
住所
京都府京都市下京区河原町通四条下ル稲荷町319
電話
077-534-4825
営業時間
11:30~14:30(L.O.13:30)
16:30~21:00(L.O.20:00)
定休日
月曜