スルッとKANSAIおでかけ情報誌 Asobon!web

社局のお仕事 -バスまつり特別編-

社局のお仕事 -バスまつり特別編- 京阪京都交通
  • 京阪京都交通

京阪京都交通って、どんな社局?

通勤、通学、おでかけと日々使う電車にバス。毎日のように使っているけど詳しくは知らない、そんな交通機関の知られざる舞台裏のお仕事をお伝えするこのコーナー。今回「バスまつり特別編」としてご紹介するのは、京都駅や桂駅などの京都の主要駅のほか、京都府中部地方や兵庫県篠山市などでも運行している京阪京都交通。昨年同様、地域の支えがあってこそ現在の姿があると感謝の気持ちを忘れないという企画課の松下幸平さんに、お話を伺いました。

——まずは松下さんの日々の業務について教えていただけますか?

松下さん「私は企画課という部署で業務を行っております。日々の業務では、乗合事業用車両数の変更届出書の作成や乗降調査人数の集計をしています」

——なかなか乗っているだけでは想像がつかないお仕事ですね。ちなみに、お仕事の醍醐味というと?

松下さん「ダイヤ改正が最近あったのですが、そのダイヤ改正ではほぼ全路線の時刻変更や新停留所の設置、学校名が変わったため、停留所変更があり、分厚い書類を申請しました。自分の計画したことが実行される楽しさがあります」

——なるほど。少し話題は変わりますが、京阪京都交通の創立の背景には長い歴史があったと。

松下さん「はい。創立としては13年なのですが、弊社の前身は京都交通株式会社で昭和19年に設立し、以降合併や資本力の充実を図り営業エリア拡大に努めました。しかし昭和63年をピークに年々減少し続け、平成16年1月16日には経営破綻に。その後、北部地域については日本交通株式会社の子会社として、営業譲渡が行われました。また南部地域については、京阪バス株式会社の子会社・京阪京都交通株式会社と営業譲渡契約を締結し、平成17年7月1日に開業しました」

——いろいろな苦労をのりこえての創立13年なのですね。

松下さん「この13周年の背景には70年以上の長い歴史があり、地域の方々をはじめ、弊社に関わっていただいた方々の支えによって成り立っています。弊社の社員全員がその感謝の気持ちを忘れずに日々業務に励んでいます」

ずらりと車内にロマンスシートが並びます

——京都と岡山・倉敷を結ぶ高速バスや南丹市「美山かやぶきの里」への路線も人気ですね。

松下さん「京都岡山倉敷線は愛称『京都エクスプレス』として親しまれています。京都駅八条口から岡山県の岡山駅・倉敷駅まで1日7往復運行し、岡山県の事業者である下津井電鉄・両備ホールディングスと3社で共同運行しております。2018年春から『京都エクスプレス』専用車の車内にモバイルコンセントを設置し、車中でバッテリーを気にせずモバイル機器を扱っていただけるようになりました。また観光路線の『美山ネイチャー号』『京都美山線』は京都府北部の南丹市美山町『かやぶきの里』まで運行しているおすすめのバスです」

京都エクスプレス

座席足元のコンセント ※点検等で車両が変更の場合、コンセントはございません。

京都美山線

美山ネイチャー号


うちの社局はココが自慢!

——前回にもお話いただきましたが『美山ネイチャー号』『京都美山線』はとても魅力的なバスですね。

松下さん「はい。美山町の美しさを実感していただけます」

かやぶきの里ではのどかなかやぶき集落の風景が広がる

——美山町といえばかやぶき屋根が印象的ですが。

松下さん「美山町かやぶきの里では、数多くのかやぶき民家が現存し、歴史的景観が本当に素晴らしいですよ。また冬季になるとイベント『雪灯廊』が実施されるので、日本人はもちろん普段雪を見る機会のない外国人観光客が多くいらっしゃいます」

——『雪灯廊』とはどんなイベントですか?

松下さん「かやぶき集落が灯籠の明かりでライトアップされるイベントです。温かな光と真っ白な雪の調和がとても美しくおすすめです」

——それは訪れる価値ありですね。

松下さん「『美山ネイチャー号』に関しては、大阪府枚方市の京阪樟葉駅や京都府長岡京市の阪急西山天王山駅(高速長岡京)から京北町の常照皇寺や道の駅等を経由し、美山町かやぶきの里まで運行しますので、京阪電鉄や阪急電鉄からの乗継が大変便利です。関西一円からのご利用をお待ちしています」

幻想的なシーンに出会える雪灯廊

——ほかにも京阪京都交通では様々なバスが運行されていますが、乗客の方が喜ぶ独自のサービスはありますか?

松下さん「京都市下京区の梅小路公園内にある京都鉄道博物館や京都水族館、亀岡から嵐山間の渓流を運航する保津川下りとバス運賃をセットにした大変お得な、セット乗車券を発売しています。ほかにも、亀岡市に2020年開業予定の京都スタジアムができます。京都パープルサンガの新たなホームタウンであり、亀岡駅の北東あたりに建設されます。そして、明智光秀を主役とした大河ドラマ『麒麟がくる』の決定が発表され、今後賑わいが期待されます。そこで、亀岡市を自由に回れる、1DAYクルーズパス(プレミアムクーポン付)の乗車券を発売しております。指定区間内であれば、1日どの系統でもご利用でき、さらにお得なクーポンもあるので、ご利用いただければと思っています」

セット乗車券では、京都鉄道博物館や京都水族館の入館がついてお得

——今話題の京都の人気スポットが存分に楽しめるというわけですね。どこで販売されていますか?

松下さん「京都鉄道博物館セット乗車券、京都水族館セット乗車券はJR京都駅バスチケットセンターと阪急桂駅にある当社の桂駅東口案内所、JR桂川駅前のバス総合案内所にて販売しています。このセット乗車券をご購入頂くと、各施設の入館券とバス往復乗車券がセットになっていて、通常料金より約1割安くご利用いただけます。さらに施設ではチケット購入窓口に並ぶ必要がないためそのまま入館することができます」

京都鉄道博物館や京都水族館へは京阪京都交通のセット乗車券がお得。2018年春にデビューした京都鉄道博物館ラッピングバス。

——個人的には保津川下りセット乗車券に興味があります。

松下さん「保津川下りセット乗車券は、阪急桂駅の桂駅東口案内所で発売しており阪急桂駅から保津川下り乗船場前までご乗車いただけます。通常料金より約1割安くご利用いただけ、保津川下りに乗船いただいた後に嵐山の各施設でご利用できるクーポン券をお付けしております」

便利でお得な保津川下りセット乗車券は好評発売中

——それはすごいサービスですね!今度利用してみます!

松下さん「ありがとうございます。また亀岡・南丹市域でご利用いただける『亀たんパス』も好評です。『亀たんパス』は土休日のみご利用いただける1日乗車券です。亀岡・南丹市域のご移動や観光地巡りなどにおすすめです」


バスまつりではココに注目!

——いよいよバスまつりの時期が迫ってきました。各社局では様々な企画やグッズが用意されていますが、京阪京都交通では何をご用意されていますか?

松下さん「バスまつり限定企画でお楽しみガチャガチャを用意する予定です。ガチャガチャは1回100円で発売します。大人から子どもまで楽しめるよう様々な商品をご用意いたします。C賞は当社オリジナル缶バッジや定規等をご用意しております。缶バッジは可愛いキャラクターがデザインされており、コレクションしたくなる商品です。大当たりのA賞・B賞は、『京都鉄道博物館セット乗車券』『京都水族館セット乗車券』や美山ネイチャー号等の優待乗車券、バスコレクションなど豪華な賞品が当たります」

——それは子どもたちが喜びそう!

子どもから大人まで楽しめるガチャガチャで豪華賞品を当てよう!

——なかなか他にないものですし、気軽に楽しめるのが良さそうです。

バラエティ豊富なデザインの缶バッジ

松下さん「バスの展示につきましても当日はバスまつり限定幕を装着し搬入いたしますので、搬入出時はシャッターチャンスです。また、前回も大好評だった幕回しを実施します」

——これは見逃せないですね。幕回しは何時から実施されますか?

松下さん「実施時間は未定のため、実施時に展示場に来ていただいた方しか見られない目玉行事となります。どうしても見たい!撮影したい!という方は、当社バス展示場を要チェックです」

バスまつりで展示される幕式の大型ツーステップバス。当日は限定幕を装着

——最後は、2年連続で台風のため中止となったバスまつりに向けて、意気込みをよろしくお願いします!

松下さん「バスが大好き!という方はもちろん、普段バスを身近に感じていらっしゃらない方や乗車する機会のない方も、ぜひバスまつりにお越しいただき、少しでもバスへの理解を深めて頂けると嬉しいです。スタッフ一同、お客様に楽しんで頂けるよう盛り上げていきたいと思います!」

——どうもありがとうございました。

京阪京都交通
http://www.keihankyotokotsu.jp/

他の記事を見る

※五十音順

記事一覧はこちら