スルッとKANSAI対応カードの共通利用終了ついて

スルッとKANSAI対応カードの共通利用終了ついて

スルッとKANSAI対応カードは、1996年の導入以来、順次対応エリアを拡大し、1枚で関西一円の鉄道、バスに乗車いただける便利なカードとして皆さまに利用いただいておりました。しかし、2004年にPiTaPaサービスを開始して以降、より便利なICカードの利用が増える一方で、スルッとKANSAI対応カードは利用が減少していることから、2017年3月31日(金)をもって発売を終了し、2018年1月31日(水)をもって、駅の自動改札機・バスでの共通利用を終了いたしました。
今後は、PiTaPaカードをはじめ、ますます便利になるICカードの一層のご利用をお願いいたします。

スルッとKANSAI対応カードの発売終了について

2017年3月31日の営業終了をもって、スルッとKANSAI対応カード(共通ロゴマークが記載されたカード)の発売を終了いたしました。

共通ロゴマーク

スルッとKANSAI対応カードの共通利用終了について

2018年1月31日(水)の営業終了をもって、駅の自動改札機・バスでの共通利用を終了いたしました。

現在お持ちのスルッとKANSAI対応カードの利用について

お使いにならなかったスルッとKANSAI対応カードにつきましては、各事業者より払い戻しいたします。
詳しくはお手持ちのカードをご確認のうえ、下記の各事業者にお尋ねください。

払い戻し対象となるカードと払い戻し事業者

ラガールカード 阪急電鉄
パストラルカード 能勢電鉄
レジオンカード 北大阪急行
モノカード 大阪モノレール
らくやんカード 阪神電気鉄道
レインボーカード Osaka Metro
コンパスカード 南海電気鉄道泉北高速鉄道
ブルーライナーカード 南海電気鉄道泉北高速鉄道
スルッとKANSAI Kカード 京阪電気鉄道
スルッとKANSAI こうべカード 神戸市交通局神戸新交通
エスコートカード 山陽電気鉄道
すずらんカード 神戸電鉄北神急行電鉄
スルッとKANSAI 都カード 京都市交通局
スルッとKANSAI カード 近畿日本鉄道

共通利用終了事業者

阪急電鉄 阪神電気鉄道 大阪地下鉄 能勢電鉄
北大阪急行 南海電気鉄道 京阪電気鉄道 泉北高速鉄道
神戸市交通局 山陽電気鉄道 神戸電鉄 北神急行電鉄
神戸新交通 大阪高速鉄道 京都市交通局 近畿日本鉄道
京福電気鉄道 比叡山鉄道 和歌山バス 和歌山バス那賀
京阪バス 伊丹市交通局 神鉄バス 近鉄バス
南海りんかんバス 南海バス 京都バス 南海ウイングバス金岡
南海ウイングバス南部 大阪シティバス 神戸交通振興 京都京阪バス
高槻市交通部 尼崎交通事業振興 京阪京都交通 山陽バス

PiTaPaカードをつくる