神戸海洋博物館・カワサキワールド

  • 兵庫県神戸市
  • 神戸地下鉄

海・船・港の歴史と未来を体験する博物館

大海原を駆ける帆船の帆と波をイメージした白いスペースフレームの大屋根が特徴的な「神戸海洋博物館」は、〝海から港から神戸が始まり、未来に船出する〟をコンセプトに1868年の近代神戸港開港から120年目に当たる1987年に、神戸開港120年記念事業としてオープン。船の仕組みやクルーズ客船の魅力、港の施設や海・船・港の歴史と未来を体験できるように、時代とともに移り変わる港や街の様子を実際の航海計器や船具、ジオラマ模型、映像、グラフィックなどでわかりやすく紹介。 エントランスでは陶板製のレリーフとイギリス軍艦ロドニー号の巨大な模型が展示され、海・船・港の歴史の旅へと誘われるように館内へ。展示室では大小200点以上の船型模型が展示され、国際港湾都市として発展した神戸と神戸港の歴史を感じられる。2階展示室では奈良時代からの神戸港の歴史が紹介され、マリタイムシアターではショートムービーが上映されているなど、子どもから大人まで楽しめる展示内容に。

最新テクノロジーで陸・海・空を楽しく体験

1階には、神戸港の開港以来、その歴史とともに歩んできた川崎重工業の企業博物館「カワサキワールド」も併設。川崎重工グループの創業の歴史から、陸・海・空に展開されるテクノロジーを「見て」「触れて」楽しく体験できる。多彩な製品群を約14mの曲面ワイドスクリーンにてダイナミックな映像で紹介する「カワサキワールドシアター」をはじめ、「Kawasaki」の歴代のマシン・レース車がずらりと並ぶ「モーターサイクルギャラリー」では、サーキットを模擬走行できるライディングシュミレーターの体験も。そのほか、客室や運転室に入ることができる0系新幹線の実物展示、水上バイクのゲーム、パイロット気分で神戸空港での離発着を体験できる「フライトシュミレーター」など、乗り物好きにはたまらない体験が盛りだくさん。楽しく学びながら、技術の素晴らしさや、ものづくりの大切さを実感できるミュージアムだ。

Data

神戸海洋博物館HP・カワサキワールドHP

北の椅子と
交通
神戸市営地下鉄海岸線みなと元町駅から徒歩約10分
住所
神戸市中央区波止場町2-2
電話
078-327-8983(神戸海洋博物館)
078-327-5401(カワサキワールド)
開館時間
10:00~17:00(最終入館は16:30まで)
休館日
月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日振替)
入館料
大人600円、小中学生250円
 

ページトップへ戻る