スルッとKANSAIおでかけ情報誌 Asobon!web

【唐橋焼陶芸体験】 唐橋焼窯元

  • 滋賀県大津市
  • 京阪電車
 
 
 
 
 

美しい琵琶湖ブルーが特徴

日本三名橋の一つであり、近江八景「瀬田の夕照」で名高い瀬田の唐橋のたもとにある「唐橋焼」は、若山義和さんが古くから伝わる陶芸の技法に、新しい色彩の釉薬を開発して一代で築き上げた焼物。特に「琵琶湖ブルー」と呼ばれる美しい青と「瀬田の夕照」を表わしたピンク色の釉薬が有名。様々なモチーフに、現代にマッチした斬新な作品づくりも。代表的なデザインは観ているだけで癒されてくる、幸せを呼ぶフクロウだ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

約1時間で本格体験ができる

今回は一番簡単とされるマグカップに挑戦。初心者には作るのが難しいタタラ板(土の板)はあらかじめ作ってあり、筒に土を巻き付けて形作るなど誰でも簡単に、でも本格的な陶芸を体験することができる。若山さんによると「食器は口作りが大事」とのことで、口当たりがマイルドになるように濡らした皮で滑らかにしていく。こんな所にも形の個性が出るそうだ。最後に持ち手を付け、好みのデザインを施せば完成。唐橋焼陶芸体験の魅力は、なんといっても土が固いので整形しやすく、失敗してもリカバリーしやすいところ。この後、職人さんの手により琵琶湖ブルーの釉薬を掛け、焼き上げてもらって完成。郵送してもらうことも可能だ。京阪唐橋前駅前にはショップもあり唐橋焼を購入することもできる。

スルッとKANSAIエリアの便利でお得な乗車券

Data

【唐橋焼陶芸体験】 唐橋焼窯元HP

【唐橋焼陶芸体験】 唐橋焼窯元
交通
京阪電車 唐橋前駅下車すぐ
住所
滋賀県大津市唐橋町18-5
電話
077-537-0543
営業時間
10:00~19:00
定休日
無休
料金
マグカップ2,000円~(+税) 送料別 2名以上で要予約