スルッとKANSAIおでかけ情報誌 Asobon!web

社局のお仕事 -バスまつり特別編-

社局のお仕事 -バスまつり特別編- 山陽バス
  • 山陽バス

バスまつり特別編は、9月17日(日)のバスまつりに向けて「どんな社局?」「うちの社局はココが自慢!」「バスまつりではココに注目!」記事を順次公開していきます。お楽しみに!

バスまつりではココに注目!

神戸市兵庫区にある『ノエビアスタジアム神戸』で開催される、第17回バスまつり。ヴィッセル神戸のチームバス『ヴィッセル号』を保有する山陽バスは、どのような展示車両・グッズを用意しているのでしょうか。

——今回のバスまつりには、どんな車両を展示されますか?

「Jリーグ・ヴィッセル神戸のチームバスでもあり、垂水と三宮を結ぶ高速バスでもある『ヴィッセル号』の展示を予定しています。今回はヴィッセル神戸のホームスタジアムである『ノエビアスタジアム神戸』での開催となりますので、ヴィッセル神戸のサポーターの皆さんにもご来場いただけると嬉しいです」

——バスファンの皆さまが楽しみにしているのがグッズ販売ですね。

「方向幕がLEDに切り替わっていますので、従来の方向幕の在庫は本当に少なくなっています。昨年のバスまつりでは、方向幕は完売してしまいました。今回、私たちスタッフも方向幕の内容がわかっていませんので、どんな方向幕なのかは当日のお楽しみということになります。山陽バスの方向幕をお探しの方は、ぜひこの機会にお買い求めください」

——定番ともいえる、人気のグッズも取り扱いがありますか?

「もちろんご用意しています。黄色いボディがカワイイ、路線バスの『チョロQ』はここ最近の人気商品になっています。バスのボディカラーをモチーフにした、黄色と緑色の2種類のハンドタオルも好評です。さらに、黄色と緑色に加え、夜間高速バスの赤色の3色・3種類をセットにした『おりがみメモ帳』もあります。『おりがみメモ帳』は、折りたたむと小さなバスに変身するので、楽しくお使いいただけると思います」

——アレもコレも欲しい…となって困ってしまいますね。

「今回のバスまつりには、通常販売していない、レアなグッズも登場します。昭和の山陽バスのモノクロ写真(印刷)です。むかし懐かしい街並みと当時のバスの写真は貴重だと思います」

——それでは、バスまつりへの意気込みをお願いします。

「いつもご利用いただいているバスも、イベント会場で見ていただくと、いつもとは違った雰囲気で楽しんでいただけるものと思います。また、普段はお目にかかれない他地域を走る車両を見学できるまたとない機会ですので、バスファンの方でなくてもお楽しみいただけるはずです。いつも山陽バスをご利用くださっている神戸市・明石市の市民の皆さま、全国のバスファンの皆さま、ヴィッセル神戸サポーターの皆さま、バスまつりへのご来場を心よりお待ちしています」


うちの社局はココが自慢!

神戸市・明石市で活躍している数ある山陽バスの車両の中でも、とくに人気のある車両や、山陽バス自慢の特別な車両とは?車両にまつわる話題のほか、山陽バス企画部としての普段のお仕事内容などについても教えていただきました。

——山陽バスにはどのくらいの数の車両がありますか?

「現在のところ、約200両を保有しています。その中には、明石市コミュニティバス『Tacoバス』も含まれています。『Tacoバス』は明石市の名物として全国的に知られているタコと、明石の海などが描かれている小型のバスになります。ユニークなデザインのおかげで、地元のお客様やバスファンの皆さまに人気の車両です」

——イチオシの名物車両があれば教えてください。

「Jリーグ・ヴィッセル神戸のチームカラーであるクリムゾンレッドと白のカラーリング、車体側面に大きく描かれたチームのエンブレムとマスコットのモーヴィが目印の『ヴィッセル号』があります。当社自慢の特別な車両になります。『ヴィッセル号』はヴィッセル神戸のチームバスですが、一般のお客様にもご利用いただけるんですよ」

——“Jリーガー”の気分を味わえる車両ということですか!

「そういうことになりますね。『ヴィッセル号』はチームバスとしての運用がない日は、垂水区内から三宮までを結ぶ高速バスとしてどなたでもご利用になれますので、Jリーガーの気分を存分に味わっていただけます。他のバスとはまったく異なるデザイン・カラーリングが個性的で、存在感も抜群の『ヴィッセル号』はカッコイイですよ」

——車両やサービスなどに関する企画は、どの部門がご担当ですか?

「企画部になりますね。企画部にはさまざまな仕事があり、イベント企画などももちろんありますが、路線やダイヤを考えることがおもな仕事になります。より便利にご利用いただくために、路線の新設・変更・統合やダイヤ改正などを行いますが、そのための乗降調査をしたりするのも企画部です。また、LED方向幕や車内アナウンスの音声制作なども、企画部が担当しています。バス停を新たに設けたりすると、当然ながらLED方向幕やアナウンスの音声を制作し直すことになるので、そういった作業は大変ですね」


山陽バスって、どんな社局?

通勤、通学、おでかけと日々使う電車にバス。毎日のように使っているけど詳しくは知らない、そんな交通機関の知られざる舞台裏のお仕事をお伝えするこのコーナー。今回ご紹介するのは、神戸市西部の垂水区・須磨区・西区と隣接する明石市をカバーする山陽バス。営業エリアの特長や最近の取り組み、バスのカラーリングなどについてお話を伺いました。

——山陽バスは意外なことに、まだ若い会社なんですね。

「現在の山陽バスとして見てみると、設立は2011年(平成23年)3月1日になりますから、まだ7年目ということになりますね。しかし、当社は山陽電鉄から貸切バスと高速バスの事業を移管され、2004年(平成16年)に設立された神戸山陽バスが前身です。さらに、当社の歴史は山陽電鉄自動車部として、垂水駅前~神戸高商前(現:星陵高校前)間で乗合バスの営業を開始した1936年(昭和11年)にまでさかのぼることができ、80年を超える歴史があるんですよ」

——営業エリアの神戸市垂水区・須磨区・西区・明石市はどんなところですか?

「営業エリアは神戸市のベッドタウンということもあって、通勤・通学でご利用いただくお客様がとても多くなっています。ですから、おもに山陽電鉄、JR、神戸市営地下鉄の主要駅間を結ぶような形で路線を組んでいます。海と山が間近にあり、ゆたかな自然や美しい街並みに恵まれた路線ですが、いわゆる観光地がそれほど多くないのが少し残念ですね。その分、地域の足として、たくさんの地元の皆さまにご利用いただけるのが嬉しいですね。これからも、もっと気軽にご利用いただけるように努めていきます」

——ベッドタウンということは、お年寄りのご利用も増えているのでは?

「新しい住宅地もありますが、昔からの団地も多く、お年寄りのご利用はたしかに増えています。特にこの周辺は坂が多い地域ですから、お買い物や通院などで山陽バスをご利用いただくお年寄りは多いと思います。そのため、転倒等の車内事故防止に向けて、以前にも増して急加速・急減速のない“やさしい運転”を心がけるよう取り組んでいます。また、運転士が発車時・停車時、カーブに差し掛かるなどの場面で積極的にアナウンスをするといった取り組みも行っているんですよ」

——お年寄りにもやさしいバスは、黄色いボディカラーが目印ですね。

「おっしゃる通り、路線バスは海や空の青、山の緑によく映える黄色の車体で親しまれています。そのほかに、神戸から東京を結ぶ夜間高速バスは赤色、その他の高速バスと貸切バスは緑色を使ったカラーリングを採用しています。近年では、おもに地元企業の広告をあしらったラッピングバスも増えてきています。地方からお越しになるバスファンの皆さまには、地元企業の広告を楽しんでいただけるものと思います」

——PiTaPaなどのIC乗車券の導入はいつ頃からですか?

「2009年(平成21年)に、明石市を走る『Tacoバス』と高速バスを除く路線バスにPiTaPaが導入されました。PiTaPaと同様に、JR西日本のICOCAもご利用になれます。また、明石線では神姫バスのNicoPaもご利用になれます。基本的に後乗り・前降りですが、乗車時にICカードをタッチする路線と、その必要がない路線があります。いずれも降車時には運賃箱にある読み取り機に1回タッチをお願いします」

山陽バス
https://www.sanyo-bus.co.jp/

他の記事を見る

※五十音順

記事一覧はこちら