スルッとKANSAIおでかけ情報誌 Asobon!web

社局のお仕事 -バスまつり特別編-

社局のお仕事 -バスまつり特別編- 三重交通
  • 三重交通

三重交通って、どんな社局?

通勤、通学、おでかけと日々使う電車にバス。毎日のように使っているけど詳しくは知らない、そんな交通機関の知られざる舞台裏のお仕事をお伝えするこのコーナー。今回ご紹介するのは伊勢神宮やナガシマリゾートなどの人気スポットをはじめ、三重県全域を網羅する“三交(さんこう)”こと三重交通。まずはその歴史を振り返ります。

——まず創業から聞かせてください。

西園さん「創業は昭和6年で、伊勢電鉄自動車として会社を設立しました。その後、三重北勢電気鉄道、三重鉄道、三重乗合自動車、松阪電気鉄道、志摩電気鉄道、伊賀自動車の合併で昭和19年に社名を改称しました」

——なるほど。6社の合併があり、三重県全域をカバーする運行ルートなんですね。

西園さん「はい。三重県にはたくさんの名所があるので地域の皆様だけでなく、観光客の皆様にもご利用いただいています。なかでもやはり伊勢神宮に参拝される方が多く、平成25年には式年遷宮に合わせて神都バスをスタートさせました」

——それはどんなバスなのですか?

西園さん「明治36年から昭和36年の間に伊勢神宮への参拝客を乗せる路面電車・神都線が走っていたのですが、それが路面電車型バスとなって再現したものとなります」

——それはすごい!確かに懐かしいデザインですね。
また三重交通で人気と言えば伊勢二見鳥羽周遊バスCANばすも外せないですね。

西園さん「こちらは宇治山田駅前から鳥羽水族館・ミキモト真珠島までをルートとするバスです。伊勢神宮はもちろんのこと、伊勢・安土桃山文化村、二見浦の夫婦岩、伊勢シーパラダイスなど観光名所をつないでいるので見どころ満載。ぜひご利用いただきたいです」

観光に人気の伊勢二見鳥羽周遊バスCANばす

——立ち寄ってみたいスポットがたくさんありますね。

西園さん「もし様々な施設に訪れるなら伊勢鳥羽みちくさきっぷをおすすめしています。こちらは1日(大人1,000円、小児500円)もしくは2日(大人1,600円、小児800円)のフリーきっぷになりますので大変お得です。また伊勢市・鳥羽市・志摩市・南伊勢町の全域をカバーするみちくさきっぷワイド(2日間/大人2,600円 小児1,300円)もございます。こちらは志摩地区の三重交通バス路線が新たにご利用いただけるほか、鳥羽市営バス・南伊勢町営バスも全線が乗り放題です。伊勢・志摩エリアのご旅行の際に、ぜひご利用ください」

伊勢鳥羽みちくさきっぷ(フリーきっぷ)

みちくさきっぷワイド(フリーきっぷ)

——では地域の方々にとって便利なサービスはありますか?

西園さん「三重交通をはじめ、三交伊勢志摩交通、三重急行自動車、八風バスの乗合バス路線全線でご利用いただけるICカード『emica(エミカ)』があります。もちろんPiTaPaなど全国の交通系ICカードもご利用いただけますよ。またemicaとPiTaPaは割引があります。三重県内、県外問わずにご乗車いただければと思います」


うちの社局はココが自慢!

——三重交通ではバスのご利用を促すサービスを提供しているとうかがいましたが、どのようなサービスですか?

西園さん「平成29年3月より運転免許証自主返納者割引を拡充しました。運転免許書を返納した方を対象とし、バスの運賃割引を受けられる制度です」

——どのような割引になりますか?

西園さん「運転経歴証明書をお持ちのご本人様でしたら、年齢に関係なく対象バス路線が乗り放題となるフリー定期券「セーフティーパス」をご購入いただくことができます。今回発売額、有効期限の見直しをしました。またバス乗車頻度を考慮して、バス運賃をお支払い時に運転経歴証明書をご提示いただくと、バス運賃が半額となります。さらに同伴者の方1名も半額となる制度です。弊社としては交通事故を未然に防止するため、また運転に不安を抱える高齢者の方などの運転免許証の自主返納を応援したいと考えています」

——多くの方にご利用いただければいいですね。

西園さん「はい。三重交通グループの乗合バス全路線にご乗車いただけるので、ぜひご利用いただければと思います」

——そのほか、昨年高速バスに新車を導入されたとか。

西園さん「衝突被害軽減ブレーキ、車間距離警報装置、車線逸脱警報装置やドライバーモニターなどの安全機能を装備した高速バスを伊賀営業所に導入しました。全車両空気清浄機を設置しています」

伊賀営業所の高速バス。いすゞGALA 4列シート(正座席42席 補助席10席) トイレ付き

——それは快適なバスの旅になりそうですね。

西園さん「さらに伊賀営業所(名古屋上野高速線)に配置する車両には、スマートフォン等の充電が可能なコンセントを窓側20席に設置し、乗り心地を重視したワンランク上のシートとフットレストを備えています」

長時間乗車していても快適に過ごせる高速バスのシート

——それなら長時間でもラクラク乗車できますね。

西園さん「はい。遠方にお出かけの際もぜひ三重交通をご利用いただければと思います」

——長時間運転する高速バスだと、運転手さんも気をつけていることはありますか?

西園さん「お客さまを安全に運ぶ義務があるので、運転手は特に自己管理に努めています。アルコールチェックや点呼時の体調チェックなどは大切ですね。」

運転前のアルコールチェックは欠かせない

点呼で体調などをチェック

——運転手さんはもちろんですが、様々なスタッフさんの努力で安心・安全のバス運転が実現していることがわかりました。

西園さん「これからもお客さまに快適なサービスを提供していきたいと思います」

——そういえば、珍しい停留所があると話題になっていますが。

西園「はい。藤田保険衛生大学七栗記念病院前という非常に長い名前の停留所があります。呼びづらいですが地域の方々には親しみある停留所です。バスをご利用の際にはぜひ注目してみてください」

読むだけで大変!藤田保険衛生大学七栗記念病院前(ふじたほけんえいせいだいがくななくりきねんびょういんまえ)


バスまつりではココに注目!

2018年9月30日のバスまつりは台風の影響で中止となりましたが、当日販売予定のグッズ紹介についても引き続き掲載いたします。

——いよいよ第18回目のバスまつりが開催されますが、会場ではどんなグッズを販売されますか?

西園さん「昨年は残念ながら中止となってしまいましたので、そのときに販売予定だった『キラキラファイル』をお持ちいたします。ですので、こちらは今回が初披露のグッズとなります!」

——それはどのようなグッズなのでしょうか?

西園さん「その名の通り、光沢感があるクリアファイルでして、表面には今回のバスまつりで展示する車両が大きくデザインされています」

『キラキラファイル』500円。裏面にもさまざまなバスの写真が

——では、今回の記念にもぴったりですね。ほかにも販売されるグッズはありますか?

西園さん「ICカードや定期券を入れられる『emicaオリジナルパスケース』も販売いたします。こちらには、弊社のバス5種類がデザインされていまして、先ほどご紹介させていただいた「CANばす」も描かれています。リール付きで、カバンに付けていただける仕様になっていますね。まだほかにも準備中のグッズもありますので、当日お越しいただいた際にぜひチェックしてみてください!」

『emicaオリジナルパスケース』バスまつりでは、特別価格の500円で販売

——当日が楽しみですね!そしてグッズの販売と同じく、皆さんが注目しているのが展示車両ですが、三重交通ではどんなバスを展示されますか?

西園さん「平成29年8月1日に導入したハイグレードタイプの車両を展示します。」

——ハイグレードタイプとはどんなバスですか?

西園さん「これまで以上に車内で快適に過ごしていただけるよう乗り心地を重視した座席シートを採用しました。また足をゆっくり伸ばせるフットレストも装備しています。さらに窓側座席にはスマートフォンなどの充電が可能なコンセプトを設置し、室内の空気をきれいに保てるようプラズマクラスターを装備しています」

——それはすごい!乗客の皆さんもきっと喜びますね!

西園さん「快適性だけではなく、安全性にもこだわっています。衝突被害軽減ブレーキ、車間距離警報装置、車線逸脱警報装置、ドライバーモニターを装備しています」

——お客さんに安心してご利用いただくためにそこまで徹底しているのですね。

西園さん「安全にお客様を目的の場所までお運びすることが一番大切ですから。もちろんバスを見ても楽しんでいただきたいのでカラーリングは新デザインを採用しています」

——三重交通のいろいろな魅力がバスまつりでは感じられそうですね。

西園さん「はい。バスは身近な乗り物ですから、このバスまつりでバスをより知っていただけたら嬉しいです。私たちもたくさんの方にバスの良さを知っていただけるように頑張ります!」

平成29年8月1日導入の「ハイグレードタイプ 名古屋上野高速線の新車両」

三重交通
http://www.sanco.co.jp/

他の記事を見る

※五十音順

記事一覧はこちら