スルッとKANSAIおでかけ情報誌 Asobon!web

社局のお仕事 -バスまつり特別編-

社局のお仕事 -バスまつり特別編- 京都市交通局
  • 京都市交通局

京都市交通局って、どんな社局?

通勤、通学、おでかけと日々使う電車にバス。毎日のように使っているけど詳しくは知らない、そんな交通機関の知られざる舞台裏のお仕事をお伝えするこのコーナー。今回ご紹介するのは京都市ほぼ全域の運行をカバーする京都市交通局。京都ならではの名所や旧跡を結ぶルートが多く、観光客にも多く利用されているのだそう。また事業を開始したのが明治45年と古く、まずは創業からのお話をうかがいました。

——京都は歴史ある建築物が多く点在していますが、路線バスは、いつ頃から運行されていたのでしょうか?

本市交通事業は、明治45年に開業した市電の営業から出発しています。昭和に入ると産業の発展に伴い人口が一層都市部に集中し、市内の輸送需要も著しく増加したこともあり、市周辺部の交通便益向上と市電の補助機関として、昭和3年に市バス事業をスタート。市域の発展に伴い路線を拡大しながら、昭和27年に地方公営企業法の適用を受け、市民の足としてたくさんの方にご利用いただいていました。

——その後も多くの市民の方々が市電や市バスを利用したと。

いいえ、モータリゼーションなどによる急激な環境の変化により市電のお客様が漸減し、財政状況が悪化したことから、昭和53年9月末をもって市電を全廃し、路面交通を市バスに一本化することとなりました。一方で、昭和56年5月に地下鉄烏丸線を、平成9年10月に東西線を開業し、それぞれに路線を延伸することにより、今日の広域的な鉄道ネットワークを形成できました。

昭和36年当時の市電が走る様子

——社局の皆さんの努力の賜物ですね。現在では市民の方々や観光のお客さんには欠かせない乗り物だと思います。

皆様にご乗車いただいてとてもありがたいです。本市としては『歩くまち・京都』をリードする市バス・地下鉄の機能向上を図り、将来にわたって市民の足としての役割を果たせるよう市バス路線・ダイヤの更なる充実やお客様の利便性向上に努めています。

——ところで『歩くまち・京都』とは何ですか?

京都市が進める「人と公共交通優先の歩いて楽しいまちづくり」を目指した取組です。京都市内のバス・鉄道の路線や運賃、所要時間を調べることができるアプリの展開など、より多くの皆様に公共交通をご利用いただけるよう励んでいます。

——確かに車よりバスの方が効率的に観光できますね。

はい。さらに金閣寺・銀閣寺・清水寺などの観光名所と京都駅などの主な鉄道駅やバスターミナルを結ぶ観光系統『洛バス』(100号・101号・102号)も運行しています。100号は春の桜を表す桃色、101号は夏の木々の緑色、102号は秋の紅葉の黄色と、外国人観光客でも一目で分かる車体デザインを導入しています。観光にはぜひご利用ください。

——京都市は人気の観光地だから乗客の方も市民だけでなく外国人など様々でしょうね。

そうですね。またご年配の方や障害をお持ちの方など、どなたでも利用しやすいバス環境を整えています。そのため本市ではノンステップバスを基本とした低床型車両を積極的に導入。ノンステップバスの導入比率は、国土交通省が目標値として掲げている70%を大幅に上回る96%になりました(30年3月17日現在)。

乗車客にやさしいノンステップバス


うちの社局はココが自慢!

——先ほどの話にも出ましたが、京都のバスだけあって路線には観光地がたくさんありますね。

はい。京都市内中心部は碁盤の目のつくりをしており、通りにはそれぞれ名前がついているのはご存知ですよね。場所を表す際、例えば『烏丸御池』など、縦(烏丸通)と横(御池通)の通り名を組み合わせて表現します。市内中心部の停留所名は、おおむねこのような停留所名ですのでわかりやすく、非常に京都らしい響きをしています。

——確かに美しい名前が多いですね。

京都市には多くの寺社仏閣があり『祇園』や『金閣寺道』なども京都らしい停留所名となっています。

——ほかにはなかなか見ることのできない停留所名ですね。今度観光に訪れた際はバスを利用します。

ぜひ。地下鉄と組み合わせたご利用をオススメします。まず、地下鉄で乗換地までスピーディーに移動し、目的地まではバスをご利用下さい。バスは観光地のすぐ近くで停留するので本当にアクセスが便利です。これからもたくさんの方にご利用いただき、京都の魅力を知っていただきたいです。

目当ての観光地に迷わず行けて便利

——おすすめの運行ルートはありますか?

南禅寺・平安神宮などの寺院・神社をはじめ、ロームシアター京都、京都市動物園などの文化施設が集まる岡崎地域と、街中の河原町三条、四条河原町を結ぶ路線『京都岡崎ループ』があります。岡崎地域の魅力をデザイン化したラッピングを施してある、専用の小型バスです。見た目もころんとしていてかわいいですよ。

「岡崎ループ」この色の他に、もう一色あります。ぜひ岡崎地域で探してみてください!

——ありがとうございます。ところで、媒体なども利用して沿線の魅力を伝えているとお聞きしたのですが?

はい。『おふたいむ』(http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000078335.html)というリーフレットは月1回発行しており、季節のテーマに応じたスポットを紹介しています

毎月発行のおふたいむは京都の旬な情報をお届け

——リアルな情報を発信しているわけですね。

スポット紹介だけではなく過去には市バス・地下鉄運転士が名所を紹介した号もあるんですよ

——楽しそうな誌面ですね。

HPでバックナンバーを掲載していますので、ぜひご覧になってください

——普段はどこに設置されているのですか?

バスの車内や地下鉄の各駅、宿泊施設、図書館などに設置しています。これからも皆様の知りたい情報を掲載できるよう、スタッフ一同励んでまいります


バスまつりではココに注目!

2018年9月30日のバスまつりは台風の影響で中止となりましたが、当日販売予定のグッズ紹介についても引き続き掲載いたします。

——いよいよバスまつりが開催されますが、注目ポイントを教えて下さい。

市バス90周年記念事業の一環として、今年の春にヘッドマークデザインを一般公募しました。一般部門と子ども部門の2部門を設け、それぞれの最優秀賞2作品については、755両の車両に掲出しています。今回展示する車両にも掲出する予定なので、間近でじっくりとご覧いただけますよ。

——なかなかない機会なので、車両と併せてチェックしたいですね。グッズについてはどうですか?

市バス事業開業90周年を記念して製作した、「市バス開業90周年記念トミカ」を限定販売(900個)するほか、現在、バスまつりに向け、新商品を開発中です!新商品の詳細は当日までのお楽しみですが、皆様にお喜びいただけるようなグッズをご用意しておりますので、ぜひ、当日、会場でチェックしてください!ちなみに、今年もバスまつりで先行販売する「スルッとKANSAI電車&バスカレンダー2019」も各社局イチ押しの写真を掲載し、素敵な仕上がりになっておりますので、こちらもお楽しみに!

グッズ以外にも、お得なカード乗車券、市バス・地下鉄の廃品もご用意しています。これは未定ですが、今まであまり出したことのない廃品の販売など、何か90周年の記念になるようなことができればと思います。

これまでのイベントでの廃品販売の様子

——コレクターにはたまりませんね! それでは、バスまつりへの意気込みをお願いします。

今年は6年ぶりとなる地元・京都開催です。さらに市バス90周年記念とも重なり、スタッフ一同、気合が入っております! 昨年は残念ながら台風で中止になってしまい、今年こそはと楽しみにされているお客様も多いと思いますので、昨年の分まで盛り上がる内容にしたいと思います。

——市バス事業90周年とは、すごい歴史ですね。

この記念すべき年を迎えられたのも、日頃から市バスをご利用いただいているお客様やファンの皆様のおかげです。感謝の気持ちを込めて、楽しいイベントになるよう準備しておりますので、ぜひ会場へお越しください。ご来場を心よりお待ちしております。

京都市交通局
http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/

他の記事を見る

※五十音順

記事一覧はこちら